軽井沢町 堀辰雄文学記念館(追分)

日々のこと

堀辰雄書庫 外観・室内

旧三笠ホテル

軽井沢町をこよなく愛し、
追分に居を構え49歳の生涯を閉じた堀辰雄。
私が訪れた日は「美しい村」の企画展をしていた。
川端康成の書 
友人の芥川龍之介、室生犀星ほか文人達からの
手紙やはがきを手に取るように見ることができた。
芥川の達筆さに 驚き、
携帯もメールもなかった頃の
彼らのやりとりに しばし心を馳せながら
友人、知人とのやりとりを携帯で済ますことの多い
私の今の生活・・・ 
ふと考えたことでした。