神戸の老舗書店 海文堂書店

日々のこと

神戸元町の老舗書店として親しまれ、昨秋創業99年で閉店した
「海文堂書店」の100周年を祝う展覧会「99+1 海文堂生誕100年まつり」
新聞記事で知っていたものの、日が過ぎていました。
友人から是非行って!とお奨めメールが… 今日しかない!と行ってきました。
ギャラリー島田(神戸市中央区)で11日までです。
会場には、60年代以降の海文堂の外観や店内を写した写真パネル約80点が並び、
ギャラリーゆかりの画家の作品約50点が展示・即売されています。
古本も売られています。もう数少なかったですが・・・
今回の売上金の収益は 海文堂の本を出版する費用に充てられるそうです。
ささやかながら、私も協力とブックカバーと数冊の本買ってきました。
「来客との距離が近い個人書店の魅力を伝えたい」
「ネットで何でも買える時代だからこそ、本を通した人とのつながりを感じてほしい」
 そんな気持ちに賛同して・・・