中之島界隈 ちょっとお散歩

日々のこと

中之島中央図書館

中之島公会堂(大阪市中央公会堂)

中之島公園

先日、大阪に行った。約束に時間まで、学生時代、専門の文献を求めて行っていた中之島図書館、あの頃、流行ったフォークソングのコンサートに行った中ノ島公会堂、公園を友人とぶらりと歩いた。
なつかしかった~。
思わず走馬灯のように 学生時代を思い出した。
紅葉で美しい中之島公園を歩きながら 
今 話題の大阪の町は水の都なんだなあ…
なんて あたりまえのことを再認識したのでした。
中之島中央図書館はの本館は、明治37年に 外観はルネッサンス様式を、内部空間はバロック様式を基本とする格調の高い建築である。コリント式円柱に支えられる正面はギリシア神殿を、ドーム状の中央ホールは教会を思わせる造りとなっている。昭和49年には本館及び左右両翼の2棟が国の重要文化財に指定されている。
1918年に竣工して以来、長きにわたり中之島の景観にかかせない美しい建築物である「大阪市中央公会堂」私は 中ノ島公会堂と呼んでいました。重要文化財だそうだ。。
明治24年(1891年)、大阪市で初めて誕生した公園、中ノ島公園。 堂島川と土佐掘川にはさまれた緑あふれる都心のオアシス。
又ゆっくり来ようと思って帰ってきたのでした。