7月 書道さろん ひらがなに親しむ hoccorito501

日々のこと

それぞれに作品作りを・・・

 
今日は 字を書くということ…why ・ how to と具体的に
 教えていただきました。
 夏越の祓(なごしのはらえ)
 六月の最終日。一年の上半期の最後の日の行事、夏越の祓。
 六月の晦日の行事ですが、神社により7月に行う所も。
 夏越の祓の行事としてよく見られるものが、「茅の輪くぐり」
 茅(ちがや)で大きな輪を神社の境内に作り、
 この茅の輪をくぐることで病気や禍を免れようと言う神事です。
  「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延というなり」
 と唱えながらこの輪を、くぐるのだそうです。
 (この短歌を今日は しっかり練習し、清書もしました)
 幼いころ私の住んでいた地域では
 「輪ぬけさん」と呼んでいた夏祭り。
 この歌も知らなかったし、
 輪をくぐるお祭りの意味を今日初めて知ったのでした(^^ゞ